合同会社 長目
DXパッケージ

DXパッケージ

DXのためのツールを導入したが、まったく使われていない!!!

そんな状況になっていませんか?

「ツールを導入したし、DXができた」と思っていたら、まったく使われていなかった。御社はそんな状況になっていませんか?

導入したツールにはデータが入っているが、活用する術がないため、使われないというのはよく聞かれる話です。分析のために人を雇うにはプログラマーの給与は上昇し雇えないし、社内で人を育てるのは時間がかかる・・・。

そんな御社のために長目が提案させていただくパッケージが合同会社長目のDXパッケージです。

合同会社長目のDXパッケージは、長目が御社のDX・データ分析を受託させていただくとともに、そのプロジェクトのチームに御社の人材を入れ、OJT形式で御社のDX人材を育てるパッケージです。プログラミングなどの周辺技術も教えさせていただきます。

DXとは?

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、業務にデジタルを組み込んでいくことです。業務をデジタル化することにより、起こったことがデータとして保存することができるようになります。また、蓄積されたデータを分析することにより、よかったことを振り返り悪かったことを修正できるということで、データ分析が重宝されています。

DXには2つの段階があります。1段階目は現在の業務をデジタル化するで、「守りのDX」や、単に「デジタル化」と呼ばれます。次の段階は、そこから集まったデータなどを活用して、あたらなビジネスを作成するステップとなります。

1段階目は、現在あるデータをクラウドなどにのせるだけですので、外部の業者に任せ手ある程度の時間がたてばできるようになります。難しいのは2段階目への過程です。データを分析し現在の業務に活用するとともに、そこから得られるインサイトから新たなビジネスモデルを作成する段階は、外部に委託して簡単にできるものではありません。

この段階では、社内にデジタルやデータ分析に強い人材が存在し、その人たちが活躍できるように会社がなっていなければなりません。ここでも外部に頼っていては、中々強いビジネスモデルを作り出すことはできないでしょう。

合同会社長目のDXパッケージ

そこをお手伝いするのが長目のDXパッケージです。長目のDXパッケージでは次の3つのお手伝いをさせていただきます。

  • DX
  • データ分析
  • DX人材育成

このパッケージでは長目が御社のDXにかかわらせていただきながら、そのチームに御社の人材に入っていただきプロジェクトを行います。プロジェクト行うだけでなく、プログラミングなどの周辺技術も教えることにより、参加していただいた方はデータ分析やDXの知識を身につけられます。

つまりOJTのような形で、知識をつけられるということです。プログラミング単体で学んでも、業務にどう生かすか分からないということは多く、またDXだけを学んでもプログラミングをどう使うのかが分からないということがあります。しかし、OJTの形で学んでいただくことにより、実践的にプログラミング・DXについて理解が深まります。

1年程度でプロジェクトはDX人材にリーダーとなっていただきます。これにより、ノウハウは御社に蓄積され、長目が離れても御社のDXは継続できます。また、社内で知識が広まることにより、御社内部から新たなビジネスモデルが生まれてくるでしょう。

ぜひ長目のDXパッケージで、DXを加速し、業績の拡大を!

お気軽にお問い合わせください。24時間いつでもご連絡お待ちしております。

お問い合わせ

よくある質問

Q. 教えるプログラミング言語は?

A. 様々な領域で使えるプログラミング言語Pythonを教えさせていただきます。

Q. ノーコード・ローコードの時代になればプログラミングは必要なくなるのでは?

A. プログラミングの知識があるほうが、ノーコードにおいても優位になります。また開発や保守のノウハウなど、多くの面でスピードの速い世界に慣れておくことも優位に働きます。

また、ノーコードなどは簡単にできること以外をやろうとすると、非常に複雑になります。その際にプログラミングができる人材を抱えることは、ノーコードの外側のことが容易にできるという面で御社の優位性を築けることになります。

Q. 京都から離れていますが、サービスを受けられますか?

合同会社長目のオペレーションは、現在、全ての工程がリモート環境で完結できるようになっています。最初の段階では、顔を合わせて話す時間を持つ必要はありますが、頻度を多くする必要はないと考えています。

一方で、対話の時間を持つ必要性は強く感じており、仕事に関するゴール設定、プロセスの見直しのために、リモートでの対話時間をいただくことになります。

PAGE TOP