長目クイズリターンズ結果発表-日本円の実質為替レート下落率の正解
長目クイズリターンズ結果発表-日本円の実質為替レート下落率の正解

長目クイズリターンズ結果発表-日本円の実質為替レート下落率の正解

クイズの内容と解答

出題

長目クイズ、2022年3月22日分の出題は、日本円の実質実効為替レートの変化を問うものでした。

皆さんからの回答

今回の投票数は8票でした。投票ありがとうございます!

正解

そして、正解は??もっとも解答が多い47%でした。

元データを観察

BISのサイトに1994年から2021年までの60か国の実質実効為替レートのデータがあります。

https://www.bis.org/statistics/eer.htm?m=2676

このデータは2010年の実効為替レートを100としたものです。2021年の値を確認できるよう、棒グラフを作成しました。日本円のランクはボトムから5位となっています。トップ3は中国、アイスランド、香港となっており、中国勢の購買力が強くなった実感を裏付ける結果となっています。

次に、ピックアップした6か国の実効為替レートの1994年から2021年の推移を確認します。中国と日本の逆相関、米国・韓国の盛り返しなど、興味深い動向が分かります。

まとめ

日本円の実質為替レートの推移を問うクイズでした。皆さんどのようなことを感じられたでしょうか?

最近いただいた意見には、「日本の物価が安定していた20年だったので、購買力の低下をそれほど感じていなかった。そのため、現金を保有して満足していた。海外からの仕入れを考えると、このような購買力の低下が起こっていることは分かっていたが、これほどだったとは」というようなものがありました。そして、現在、定常が変化するタイミングにあります。

現在は、変化に対してどのように企業が行動すべきかを、データを基に考え、実行に移すフェーズであると長目では捉えています。変化の激しい局面で、企業はその変化を捉えるために、データを活用すべきです。

長目では企業が競争力を維持するために、どのように資金を管理すべきかとの見解も提供しています。長目の考え方は次のブログでご確認ください。

このようなオープンデータは、業務の様々な意思決定に活用できます。

一方で、必要なデータを探すとなると、かなりの時間が必要になります。また、分析する人材の育成も必要です。長目では、このようなデータ活用のアドバイスを提供しています。最初のウェブミーティングは無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。