長目NFTの確認方法
長目NFTの確認方法

長目NFTの確認方法

長目のNFTs

NFTの見方

NFTの配布を受けたけど、見方が分からないというご意見もいただきましたので、その方法を解説します。

今回はPCからとモバイルから、メタマスクというウォレットアプリを使ってopenseaで見れるようにする方法を確認します。

ちなみにopenseaはNFTの有名な取引所です。

あと、知らないNFTの投げつけとかあるようなので、いらないものはHiddenのところに入れっぱなしにしておいてください。

PCから見る

ステップとしては次のようになります。

  1. Metamaskのブラザウォレットをダウンロードする(今回は省略)
  2. openseaにアクセスし、ログインする
  3. アカウントを確認する
  4. Hiddenに入っているNFTをUnhideにする
  5. Collectedに格納される

では、各ステップを見ていきます。

openseaにアクセスし、ログインする

NFTの取引所openseaにアクセスします。

右上の人のマークをクリックすると、接続に利用するウォレットが選択できます。今回はメタマスクを使うので、それを選択します。

メタマスクにパスワードを入力してログインします。知らないサイトにはログインしないようにしましょう。資産が奪われたりします。

アカウントを確認する

Profileを確認します。Hiddenが3と表示されているのが分かります。

hiddenに入っているNFTをUnhideにする

Hiddenを確認すると、長目のNFTが入っているのが分かります。画像の左下の “…” の部分をクリックするとUnhideという項目が出るので、それをクリックします。

次いで、左下に出るUnhideのボタンをクリックします。メタマスクが何か確認するのでクリックします。

Collectedに格納される

するとCollectedにNFTが格納されます。

スマホの場合

スマホの場合、メタマスクのアプリから行います。

ここでは、上のステップの「2. openseaにアクセスして、ログインする」の部分を確認します。

openseaにアクセスして、ログインする

まずはメタマスクのアプリを開きます。

するとウォレットが表示されます。左上のハンバーガーメニューを押し、表示されるメニューからブラウザーを選択します。

ウォレットが表示される
ブラウザーを選択する

検索窓のopenseaと入力し、opensea.ioのURLを確認、アクセスしましょう。

検索に入力
URLを確認し、アクセス
openseaにアクセス

この後はhiddenのフォルダを見て、Unhideにするという作業となります。PCとほぼ同様です。

まとめ

以上、年賀状NFTの送付完了のお知らせと、受け取り方の記事でした。

それよりアカウントの作り方を!というご意見も承っております。これに関しては少々お待ちください。

長目のNFTは無料で送らせていただいております。受け取りは以下のリンクからご応募ください!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。