コードが書けなくても、無料でBIは作れる!Google Data Portalを活用しよう!
コードが書けなくても、無料でBIは作れる!Google Data Portalを活用しよう!

コードが書けなくても、無料でBIは作れる!Google Data Portalを活用しよう!

最近の長目ブログでは、データを活用し社内の意見交換やアイデアを増やす記事を2つアップしました。

会議を想像力であふれさせるためにplotlyを使おう!

データを活用した、より活発な議論のためにDashを使おう!

これらの記事の要旨は「データがたくさんあることを活かせるツールを使うことにより、多くの人から新たなアイデアが出てくる」ということでした。

一方で、両方ともプログラミング言語Pythonを使える人がいる前提のツールだったので、プログラマーがいる組織では簡単に使えるものの、いない組織には難しいものでした。

そこで本日は、Google Data Portalを使ってインタラクティブにデータが観察できることをご紹介します。

Google Data Portalとは

グーグルデータポータルとは、無料で使えるデータ可視化ツールです。

データもグーグルアナリティクスのデータから、自前のcsvやワークシートなど、様々なものが利用できます。

そして作り方は、ボタンをクリックしながら作るスタイル、いわゆるノーコードツールなので、プログラマーがいなくても自前のBIツールを作成できます。

共有もウェブページの形で行え、アカウントでアクセス管理することも簡単で、長目でも重宝しています。

本日のBIツール

本日の記事向けのBIツールは次のボタンを押したリンク先にございます。BIツールのデータは、金融機関の貸し出し動向です。

(データ: 日銀 預金・現金・貸出金(月次)

BIツールの使い勝手に関しては、下の画像のように、ドロップダウンで見たいデータの属性や、見たい期間が選択できるものとなっています。

貸出にかんするBIツール

しかも、プレゼンテーションモードまでついているのです。

使わない手はない!!!という感じなのですが、今のところあまり使われているのを見たことがありません。

データポータル作成画面

作成画面もご紹介しておきます。

作成画面は下のように、3つの部分からなっています。

データポータル作成画面

データを選択したあと、このツールを利用してポチポチ作っていきます。

まとめ

本日はグーグルデータポータルをご紹介しました。

ノーコードで無料で使えるツールということで、データを活用してみたいけどプログラマーがいないという企業にはおすすめです。

データポータルの興味深い点は「データが更新されるものであれば、その時間を設定して常に新しいものを観察する」なんてことも容易にできる点です。

長目では、このように御社に合わせたツール選択が行えます。こんなツールを活かしながら、社内のデータ活用を進めてみたい企業様は、是非長目にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です