長目通信 ver4.1.2
長目通信 ver4.1.2

長目通信 ver4.1.2

さて、7月も終わりを迎えます。

長目通信第2号です。前号を振り返ると「長目通信では、直近に長目で取り組んでいることなどを、つらつらと書いていきます。」とあるので、7月やっていたことを振り返っていきます。

決算

会社が5月決算なので、7月中にその報告を行わないといけません。というわけで、決算の作成をやっていました。相変わらずグダグダやっていたので、月末になり完成し、納税して前期を締めることができました。

というわけで、新しい期を頑張らないといけません。あと、インターンの方も入られたので、freeeへの記帳などを月1回以上のペースでやっていこうと思いました。

新たな施策

フルリモート体制のテスト

1人法人からの脱却をテーマに今年度から動いています。

そのためにやるべきことは色々あります。

最も大きい課題が、フルリモート体制での業務進行というのがあります。弱小企業はこれができると強くなるという考えのもと進めています。

そして、前回の記事でも取り上げたように、今期からインターンの方とまず一緒にその体制を作るテストをしています。うまくいけば、人数も増やせるかなというところです。

いまのところ、色々ノウハウが溜まっている感じです。現在の感想的には、フルリモートをだれでもできるようにするのは大変だろうなということです。

なので、ハイブリッドな形が実際には解決策になることは確実ですが、実験的にできる現状をもう少し楽しみたいと思います。

ウェブサイトの更新

ウェブサイトを作ったので、ビューを見ながらいろいろと変化を加えていっています。

現在の課題としては、全体的な構成の変更があります。というわけで、色々と研究中だったりします。参考にしているのはUXを解決に取り組まれている会社さんのウェブページです。

というわけで、すぐ更新できるかと思いきや、意外と難しくなってきてちょっと悩ましいですが、8月中にリリースできればという感じです。

データ分析

データ分析といえば、AIみたいなところがありますが、現在委託案件ではAIのモデル作成を行っています。ここ1年くらいずっと分析をやらせてもらっているんですが、正直、こんな分野があったんだなぁというところで、面白いです。

位置データとともに画像データを使った分析ということで、結構いろいろできる感じがあります。身の回りの現象の観察にも使えると思うので、またブログの記事とか技術解説なんかで取り上げたいと思っています。

ちなみに、勉強会で位置データをPythonで扱うための便利パッケージgeopadasについて、発表しました。会社のブログにはもう少し、普通にわかりやすい分析事例を作ろうと思っています。これを夏休みの宿題にしようかな。

ちなみに発表資料はリンク先にあります。

そういえば、京都市の自転車置き場のデータが、オープンデータとしてあったので、可視化したブログ記事も書いていました。位置データは可視化するだけで、現状や変化などが分かるので面白いですね~。

あと、最近は自社アプリの開発もやっていて、これは近くリリースできそうです。無料でちょっと役立つようなものを目指しています。

まとめ

というわけで、ぼちぼち頑張っとるかなぁというところです。

目先は、自社アプリをリリースしてお盆休みを迎えるのを目標にしています。

「お盆休み明けから、データ活用を考えたい」などのご相談は、下のリンク先のお問い合わせフォームよりご入力ください。初回のオンラインミーティングは無料となっております。

Follow Chomoku!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP