長目通信(ver.4.0.1)
長目通信(ver.4.0.1)

長目通信(ver.4.0.1)

こんにちは。合同会社長目(ちょうもく)の小川です。6月もそろそろ終わりです。合同会社長目は5月決算の会社なので、6月は新たな期の最初の1か月でした。

長目通信では、直近に長目で取り組んでいることなどを、つらつらと書いていきます。

ちなみにタイトルにあるバージョンは、ver.創設年数(4年).その期の月数(0).発行数(1号)にしています。 ということで、創刊号です!!!(パチパチパチ)

新たな期の変化

これまで

これまで長目は分析などの作業を小川がほぼ行っていました。一人で仕事ができるのは楽でしたが、複数のお仕事が入ると、とんでもなく大変になりました。

1人作業の限界を迎えた感じがしたため、チームを作りたいなと考えました。

今期から

ということで、前期末の4月~5月にかけて一緒に働いてもらえる人を募集しました。

当初の想定では2人くらい応募があって、その方々を採用させていただいて終了という感じでした。

実際は学生さん、中途の方を合わせて20人弱の応募をいただけるといううれしい悲鳴に。京都大学の生協でも募集させていただいたのですが、1日目に10件以上の募集があり、残念ながらすぐに募集をストップするという結果になりました。

応募いただいた方は、全員がハイクオリティでとても悩みましたが、当初の予定より1人多い、3人の方とわたしで、チーム的な組織運用をはじめることにしました。

今回の学びは、インターンを募集するなら大学生協が良いということでした。2週間7,000円くらいと格安で、広告させてもらえます。

もう一つ、面接だけで人を評価する難しさです。人事の人とかテキトーに人選んでんでしょとか思っていたけど、実際雇うとなると、難易度高すぎだと!と痛感しました。

でも、その甲斐あって、面白いメンバー(インターン3名(全員理系)と私)で色々な作業を始めています。

全てフルリモート

コロナ禍での採用ということで、面談は全てZoom、そしてその後の作業もすべてフルリモートで取り組んでいます。

世の中ではDXと声高に叫ばれていますが、そのアドバイザーがフルリモートしていないなど、色々なことを聞きました。そんな中、長目は最初からフルリモートで!そのノウハウを作り、そういう部分も商品にしていけたらという気概を持ち、今頑張ってフルリモート体制を築き始めています。

何でも仕事に結びつける、商人魂大事!

というわけで、メンバーには一度も会うことがないまま、様々な作業を進めています。インターンの方の待遇は、時給制で好きな時間に働いてもらい、アウトプットを出して頂くという形態を採用しています。

やっていただく仕事が、データ分析などなどで、時給での評価が難しいものなわけですが、今のところ超優秀なインターンのみなさまに支えられ、うまくいっている感じです。

記事まとめ

ということで、フルリモートでの作業環境の構築など、色々なことを行った1か月でした。

感想は、この体制がうまく回り始めたらとんでもないスピードで色々なことが進むだろうというものです。分析のアイデアも4人から出てくるので、クオリティは劇的に変化すること間違いなしです。

というわけで、データ分析会社の長目は、理系3人(インターンのみなさま)と文系1人(わたし)という布陣となりました。

データやウェブの活用のご相談、お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です