データ分析で課題解決

データ分析で課題解決

手元にデータはあるが、うまく活かせていない。そんな御社の課題解決を、合同会社長目はお手伝いします。

hijichomoku

合同会社 長目の社名は飛耳長目という言葉を語源とします。

情報があふれる時代に、情報をうまく取捨選択し、

お客様に深い洞察を提供することを目指し、社名としました。

合同会社長目ではお客様にデータ分析サービスと、

3種類のコンサルティングサービス(デジタル化データ活用資産管理・運用

を提供しています。

サービス紹介

合同会社長目では、データ活用で御社の収益を向上に向けた、データ分析サービス3つのコンサルティングサービスを提供しています。

データ分析サービス

御社のデータ分析の必要性に答えます。経験のあるデータサイエンティストを必要とされていれば、是非長目にお問い合わせください。

御社のアプリケーションに載せるAIの作成から、必要なデータを収集してのデータ解析まで承っております。

長目ではデータ分析の課題設定をしっかりとさせていただき、なんでもAIではなく、事例にあった解決策を考えさせていただきます。

営業・マーケティングDX

営業やマーケティングを運頼りにしていませんか?

長目では位置データと御社内のデータを活用する、データ駆動型の営業・マーケティングを提案しています。

資産管理・運用

物価が上昇する世界で、どのように資本を管理・運用するかは重要な問題です。銀行に現金を置いているだけでは、海外の資本力に敵うような投資を行えません。

弊社の小川はトレーダー・証券アナリストとしての勤務した実績があります。金融機関などとは異なる視点で、御社の業務に寄り添ったアドバイスを提供します。

DX

業務をデジタル化し、効率化することをお手伝いいたします。

効率化して生まれた時間でアイデアを作り、新たなビジネスを生み出しましょう!

Product

合同会社 長目のプロダクトです。

京都府の年代別新型コロナウィルス感染者数表示アプリ

子供世代の感染者数の増加の報道により、推移が気になったため作成しました。

アプリの使い方に関しては、ブログを参照ください。

NFTs

長目のロゴをNFT化しました。

希望される方に送らせていただきますので、リンク先のフォームからイーサリアムのパブリックアドレスを入力してください。

これとは別にシーズングリーティングカードもNFTで送らせていただきます!こちらも希望される方はフォームから、アドレスを入力してください。

お問い合わせ

合同会社 長目へのお問い合わせは、お気軽に以下のフォームからお願いいたします。

初回のミーティングは1時間無料で行わせていただいておりますので、「このようなデータがあるがこのような業務に役立てられそうか」とか、「こんな業務を改善したいと考えているが、データを使って何かできるか」などをお気軽にお問い合わせください。

データ分析案件の予算感は月50万円~(時間単位のご依頼は1時間10,000円~)となります。予算も合わせて初回のオンラインミーティングでご確認ください。

業務の相談は、日程調整のあとオンラインミーティングを行わせていただきます。

お問い合わせ後の流れ

1. 分析の目的・ゴールの設定
ご依頼の連絡を受けた後、オンラインミーティングで御社のデータ分析で解決する課題を設定します。この設定が、プロジェクトの成否に大きく影響するため、課題の掘り起こしができるまで何度も行います。
2. 必要なデータの検討・収集
課題が設定できた後は、使えるデータを検討します。収集・外部での購入が必要な場合もございます。
3. 分析結果の報告・検討
当社にて課題解決に向けてデータ分析を行います。データ分析の段階では、最低週1度、1時間程度のミーティングを行わせていただき、課題からのずれがないかを確認します。また、ここでわかった事実から新たに課題設定し、その課題を解くことに方針を変える場合もあります。
4. 分析結果の効果検証
分析の結果を踏まえた施策の効果を検証します。他の課題に取り組む場合は1に戻ります。
PAGE TOP