デジタル活用のお手伝い

デジタル活用のお手伝い

DXなどに関するご相談はぜひ長目へ

長目について

長目は2016年に京都で設立された、デジタル技術活用のコンサルティングを行う会社です。

企業の次のような部分をお手伝いさせていただきます。

  • DX・デジタル化のためのツール選定と御社の取り組みのコンサルティング
  • データ分析(数値データ・天気データ・衛星データなどのデータ収集からAIモデルの作成まで)
  • 資産管理・運用

長目の特徴は、創業者の資本のみで経営しているため、ツールの選定などを御社に寄り添い、中立な目で行うことにあります。また、創業者はもともと金融市場のデータを取り扱っており、デジタルのみならず金融市場・経済環境の情報も分析しているため、企業の資産管理にも優れた助言を提供できます。

デジタル活用のご相談は長目へ!

代表小川英幸について

弊社の代表小川英幸は、Pythonに関する執筆が2冊あります。

1冊は雑誌「Web DB Press Vol 118」にPythonを使ってオープンデータを使えるデータにして、データを可視化する内容です。もう1冊は朝倉書店より出版されている「Pythonインタラクティブ・データビジュアライゼーション入門」で、Dashというフレームワークを使って、データをインタラクティブに可視化する方法を解説します。

Pythonを使って使いにくいデータを扱えるようになりたいなどのご要望にもお応えいたします。

また、証券アナリストという経済・企業・金融商品を分析する資格も保有しており、金融商品に関連するご相談も受けさせていただいております。

代表の考え方や、活動の詳細などは下のボタンより、代表挨拶のページをご確認ください。

seminer

毎月第3水曜日の無料セミナー

長目ではDX人材育成プログラムの一部を体験していただくために、毎月第3水曜日に無料セミナーを開催しています。

5月のイベントは「家計調査のcsvファイルをPythonを使って整形する」という内容です。

お申し込みはtechplayからお願いいたします。

これまでの資料や、最新のセミナーの内容のご確認はセミナードキュメントのページでご確認ください。

御社のお悩み、ぜひ長目にご相談ください!

DXを進めたい!

長目が御社のデジタル活用をデザインします。次のようなことにお悩みの企業様におすすめです。

  • 社員が辞めて引き継ぎがうまくいかなかった。
  • デジタル化といっても、どれを使ったら良いかわからない。
  • デジタル人材を育成しようにも、人がいない。

詳しくは、長目のDXパッケージをご参照ください!

データを分析したい!

長目が、御社のデータ分析をお引き受けします!

現在、長目では衛星データや気象データ、業務データの分析など幅広く、データ分析を行なっています。

詳しくは、長目のデータ分析のページをご参照ください。

お金の相談相手が欲しい!

長目が、御社の資産管理・運用の相談に応えます!

創業者の小川は証券アナリストの資格を保有しています。金融機関とは異なる中立な見解をご要望の際は、是非!

詳しくは、長目の資産管理・運用のページをご参照さい。

お問い合わせ

合同会社 長目へのお問い合わせは、お気軽に以下のフォームからお願いいたします。

初回のミーティングは1時間無料で行わせていただいておりますので、「このようなデータがあるがこのような業務に役立てられそうか」とか、「こんな業務を改善したいと考えているが、データを使って何かできるか」などをお気軽にお問い合わせください。

データ分析案件の予算感は月50万円~(時間単位のご依頼は1時間10,000円~)となります。予算も合わせて初回のオンラインミーティングでご確認ください。

業務の相談は、日程調整のあとオンラインミーティングを行わせていただきます。

お問い合わせ後の流れ

1. 分析の目的・ゴールの設定
ご依頼の連絡を受けた後、オンラインミーティングで御社のデータ分析で解決する課題を設定します。この設定が、プロジェクトの成否に大きく影響するため、課題の掘り起こしができるまで何度も行います。
2. 必要なデータの検討・収集
課題が設定できた後は、使えるデータを検討します。収集・外部での購入が必要な場合もございます。
3. 分析結果の報告・検討
当社にて課題解決に向けてデータ分析を行います。データ分析の段階では、最低週1度、1時間程度のミーティングを行わせていただき、課題からのずれがないかを確認します。また、ここでわかった事実から新たに課題設定し、その課題を解くことに方針を変える場合もあります。
4. 分析結果の効果検証
分析の結果を踏まえた施策の効果を検証します。他の課題に取り組む場合は1に戻ります。